WEB SERVICE BY FANZA




アダルトコラム

思春期の初めて性に目覚めた時 夢精? いえいえ初めての射精です

あれは中学生の1年生でした。

SEXって自分のち●ぽを、女子に入れるものだと、何となく思ってました。

でも射精をしたことがないので何をするのか分かりませんでした。

そんな時の射精でした。

焦ると股間(ち●ぽ)が変な感じになる

ちょうど、まだ射精をしたことがなかった時期。

なぜかしらないけれど、焦ると、股間(ち●ぽ)がうずくような、何か下半身からこみあげてくるような、妙な感覚がありました。

その時は股間(ち●ぽ)は硬くなりました。

決して、スケベなことを見たり、聞いたりしていないにもかかわらずです。

もちろん、この時代に若い女性の裸を見たり、ましてや触るなどありませんでした。

今、考えれば、こんなことで勃起するなんて、なんていい年代だったんだろうと思います。

焦ると言うと、どんな時かと言いますと。

テストをしていて時間ぎりぎりになったが、まだ終わっていないで、「早くやらなきゃ」と思うだけで、股間はぎんぎんでした。

 

不思議な感じが半年続いた

このように、焦る、勃起するということが、半年ぐらい続いていました。

もやもやして、こみあげる、快感に似た感覚によいしれていました。

学校でも、いつも、いつも勃起していることがありました。

それでも、不思議なことに家ではそんな感覚はありませんでした。

なぜでしょう

分かりませんが、いつもそんな快感に酔いしれていたものでした

 

ついにその日はきました

そんな焦って、勃起するだけの日は、ついに終わりを迎えました。

今でも鮮明に覚えています。

あれは、土曜日の最後の授業(※昔は土曜日も学校があり、午前中で終わりました)

テストをしていました。

終了時刻の5分前になっていました。

まずい

まだ終わっていない

きました、焦りの感覚と勃起です。

「あ~ 終わらない」

「でも気持ちいい」

そして、ついにきました

先生の「はい~終了」

私は思わず、「あ~」と声を出して、足を前の方に伸ばしました

そしてお尻も前の方にいき、そして机の下の部分で股間はこすられました

机の下の部分でこすられたち●ぽは、このうえない快感でした。

そして、どくっ、どくどくっ、ドピュ、ドピュ、ドピュと何か出ました。

この時、自分でもおしっこではないということは明確に分かりました。

そして、すべてを放出した時のこのうえない快感に酔いしれていました。

「なんて気持ちがいいのだろう」

射精の快感にもう完全に支配されていました

パンツの中身は濃い初めて出す精液でどろどろです。

不思議なことにこの時は、パンツだけで、学生服のズボンまでは染みてきませんでした。

精通した時の、最初の一番濃い精液で、どろどろだったと思います。

もちろん、まわりに女子もいました。

匂いもきっとしたと思います。

でも、誰もそれに気づかないようでした。

パンツの中は精液まみれ、それでも最後の掃除だけして家に帰りました。

 

これが初めての射精です。

中学一年生の秋でした。

みなさんは、夢精ですか、オナニーして射精、それともオナニーするつもりではないがち●ぽをこすって射精した派ですか。

アラフィフとなった今

こんなに、すぐに勃起して射精していた時期が懐かしいです

できることならあの時期に戻りたい

そんな思い出でした。

 

 

 

-アダルトコラム

© 2022 厳選女優さん別アダルト動画あいうえお