WEB SERVICE BY FANZA




アダルトコラム

エロ本が最高のおかずだった頃

ついに精通しました。

こんな快感を覚えてしまったら、オナニーしないわけにはいきません。

誰に教わったわけでもなく、こうしてオナニーをしていくんだなと実感しました。

昭和50年代のアダルト事情

ちょうど私が中学生を過ごした昭和50年代。

もちろん、今のように、スマホはもちろん、まだビデオ(VHS)デッキさえもありませんでした。

この当時の主流は、やはり本、エロ本でした。

漫画もそうですが、写真での、もろにエロ本と分かるものが多くありました。

また中学生でも買うことができる、アイドル系の雑誌もあり、もちろん裸は無いですが、ミニスカ、水着だけでも十分喜んでみていたことを記憶しています。

この当時よくみていたのが、親父が買っていた週刊大衆、また自分たちでも購入できたBOMB(ボム)でした。

この記事を書いていて初めて知りましたが、このBOMBは今でも、まだ健在のようです。

今では本当にアイドルだけの内容のようです。

当時は、BOMBでも、極上のずりネタでした。

そんななかでは、エロトピアなど、超極上のずりネタです。

本を開くだけで、勃起しているという、そんないい時代でした。

初めて見た裏本

水着の写真で勃起もんですから、ヌード、それもモザイク無しとなれば、もう心臓バクバクの、超興奮の状態です。

それが初めて見ました。

兄貴の部屋にあった裏本です。

モデルの顔はもう忘れましたが、決して若くはなかったことは記憶しています。

でも、中学生にとっては、そんなことはどうでもいいです。

見たことのないおま●こに、ち●ぽが入っている写真をみただけで、さわらなくても、超勃起です。

もう、こんなものをみたら、せんずりをこくしかありません。

何も考えずに、右手でこすっていました。

硬くなったものを、握りしめて、すぐにイってしまいました。

エロ本でのオナニーが日課

もう、こんなオナニーをしたら、もうやめられません。

裏本を含む、エロ本、よくチアガールの写真もありましたが、ありとあらゆるエロ本をみながらのオナニー三昧です。

オナニーを毎日のようにしていました。

それでも、決して衰えないち●ぽ

こいて、こいて、こきまくっていたものでした。

もちろん、現代のようにスマホやパソコンで動画がいつでも、みれるんような時代ではありません。

エロ本を左手で持ってみながら、右手でち●ぽをしごく。

今でも振り返ると、一番元気だったころではないかと思います。

硬い、ザーメンは大量、しかも濃い

エロ本が私のオナニーの登竜門でした。

-アダルトコラム

© 2022 厳選女優さん別アダルト動画あいうえお